【衝撃9秒】雷が落ちる瞬間の動画が話題「こわすぎ‥」「木の下に避難は危険!!」

伊達政宗 鶺鴒の花押(お笑いキツネさん登場😴💤) さんのツイート

(かみなり、いかずち)とは、雲と雲との間、あるいは雲と地上との間の放電によって、光と音を発生する自然現象のこと。

さまざまな気象状況で発生するものであり、雷雲の生じる原因によって熱雷・界雷・渦雷などに大別されている[2]。夏季に雷雲など激しい上昇気流のあるところに発生するものが熱雷、四季をとおして寒冷前線に沿って発生するものが界雷、低気圧の域内や台風の中で発生するものが渦雷である。

日本神話においても雷は最高神という扱いこそ受けなかったが、雷鳴を「神鳴り」ということからもわかるように雷を神々のなせるわざと見なしていた。

大和言葉の「いなずま」もしくは「いなづま」の語源は、稲が開花し結実する旧暦(太陰暦)の夏から秋のはじめにかけて雨に伴い雷がよく発生し、稲穂は雷に感光することで実る、という信仰が生まれ、雷を稲と関連付けて “稲の「つま(=配偶者)」” と解し、「稲妻」(いなづま)、あるいは「稲光」(いなびかり)などと呼ぶようになったといわれている。大和言葉「かみなり」の語源は、昔、雷は神が鳴らすもの、と信じられていて「神鳴り」と呼ばれたため。

雷が起きると、落雷よけに「くわばら、くわばら」と呪文を唱える風習がある。これは、菅原道真の土地の地名であった「桑原」にだけ雷(かみなり)が落ちなかったという話に由来するとされる。平安時代に藤原一族によって流刑された道真が恨みをはらすため雷神となり宮中に何度も雷を落とし、これによって藤原一族は大打撃を受けた。このとき唯一、桑原だけが落雷がなかったので後に人々は雷よけに「桑原、桑原」ととなえるようになったといわれる。菅原氏の流れをくむ公家に桒原(くわばら)家があり、菅原氏は「桑原」の地名を道真由来と考えていたことが伺える。

雷 – wikipedia

このツイートへの反応

ネット上のコメント

雷が鳴ったら木の下へ。
これは大嘘だな。

😳😱❗こっわ‥。マジ木の下に避難は危険ですね!

怖い、その場に居た皆様は無事で何よりです。

すごい、こんな動画よく撮影できたね😱
落雷のあった大木は見たことあるけど、生木が木っ端微塵に爆発してて信じられないエネルギーだと思いました。

最後に「オチ」まで付いていた。
木の幹が落下!
これが本当のオチ。
お後が宜しい様で・・・コワイ!

すごいなぁ、兵器みたい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう