【びっくり】お茶の表面に浮かぶホコリ?!実はお茶の毛!上等なお茶の証拠だった!

洗手院(千手院)さんのツイート

新茶を飲むときに表面に見える白っぽいほこりのようなものは「毛茸(もうじ)」と呼ばれています。
毛茸とは、茶葉が新芽から葉になる直前のごく短い間だけ生えている産毛のようなもの。若い新芽の裏側に生えており、害虫や強すぎる日光などから幼い葉を保護する役割があります。

幼く柔らかい葉は成長するにつれて硬くなるため、次第に毛茸の役割が必要なくなります。つまり毛茸は茶葉が若くて柔らかい新芽の時期だけに生えるものなのです。その産毛が、淹れたお茶に自然と入るため、まるでホコリのように見えるのですね。

お茶の木は冬を越す間に根や古い葉にじっくりと栄養を貯蔵します。それが少しずつ枝の先端に送られ、新芽が生まれます。つまり新芽には冬の間に蓄えた栄養分がぎゅっと詰まっているのです。ゆっくりじっくり成長した葉には甘み成分であるテアニンがたっぷり。毛茸によって大切に守られ、育ってきたからかもしれませんね。

若い新芽に豊富に生えている毛茸。つまり、毛茸が浮いているお茶は若く柔らかな新芽を使った上等なお茶の証拠だといえます。安心しておいしい新茶を楽しんでくださいね。

お茶に浮くホコリ?!「毛茸(もうじ)」とは? – 大井茶園

ツイッターでの反応

ネット上のコメント

たまに見かけてたアレそうなんだ。「えっ?この部屋そんな埃っぽいか?」って思う部屋でも見るから何なんだろうと思っていた。

これ。『うっはwまたホコリ浮いてるwwうちどんだけ汚いんだwww』って思ってた。すまんかった。

そういえば法事で飲み物出たときとか、コーヒーとか麦茶にはういてなかったな。

恥ずかしながら知らなかった。

知らなかった、てっきりホコリだと思っていた。はずかしー

汚いと思っていた・・ばあちゃんごめん(´・ω・`)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう