【怖】物件内覧。広さ・値段とも満足していたら息子(4才)さんが凍り付く一言。似た話が続々と‥

なーなさんのツイート

内見とは「内部見学」の略で、不動産屋を通して気になったお部屋を見学することです。「ないけん」と読みます。

賃貸物件を借りる際には、ウェブや紙で物件情報を見るだけではなく「内見」を通じて、実際にお部屋の状態を確認するのが一般的です。内見しないでお部屋を借りることもできますが、入居後に「イメージと違った」「思ったより住みにくかった」など後悔するリスクがあります。上京などで引っ越し先が遠方にある場合でも、なるべく内見はすべきです。スタッフが現地からテレビ電話で中継してくれる「WEB内見」に対応している不動産屋もあります。どうしても実際のお部屋を内見できない人は、WEB内見できる不動産屋を探しましょう。

内見はなんのためにするの?
内見は「自分が本当にこのお部屋で暮らせるか」どうかを確認するために必要です。

日当たりの良さや収納スペースの広さなどお部屋内の設備の確認はもちろん、隣人など周辺住民の雰囲気はどうか、買い物スポットや街並みがどうかなど周辺環境も確認できます。写真や図面ではとても良い部屋だと思ったのに「実際に内見に行ったら思ってた部屋と違った」「住み心地が悪いので早急に引っ越ししたい」というのは珍しくありません。

お部屋選びで失敗しないためにも、自分がお部屋にいることが多い時間帯に内見しましょう。

内見とは? – Rooch

ツイッターでの反応

ネット上のコメント

ああああああああ…気づいてよかった…です…

同居することにならなくて何よりです

やっぱりなにかしらの原因があってのお値段だったり…

子どもはなにか見えるって言いますからね

怖い…
でも、こういう超短編みたいなの大好きです…

男の子すごい!(○´v`○)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう