【神秘的】美しすぎる銀色のホッキョクギツネが話題「CGみたい」「子ぎつねかな、可愛い」

もふもふ動画 さんのツイート

哺乳綱ネコ目イヌ科に分類される北極地域原産の小型のキツネの1種。

体長46–68cm、尾長26–42cm。

寒さに圧倒的に強く、-70℃の世界でも少し寒がる程度である。極寒地で生息できるための仕組みとして、毛が深くて濃い(アカギツネの体毛は5割が下毛なのに対し、ホッキョクギツネは体毛の7割が下毛である。)ことや、足を凍結から守るための対向流熱交換系があること、体脂肪の十分な貯蔵が挙げられる。一般的に丸い体型をしていることや、マズル(鼻口部)や脚が短いこと、耳が小さくて分厚いことからわかるように、表面積と体積の比が低い。寒さに晒される表面積を小さくすることで、体温が逃げるのを防ぐ。

ホッキョクギツネ – wikipedia

ツイッターでの反応

ネット上のコメント

何だかCGアニメを合成してあるみたいに綺麗なおキツネ様ですね

ホッキョクギツネ、何だか神秘的なんですよね。😲

臆病な子猫っぽいな
知らない臭い→ダメなやつだこれ
でも興味があるw

人間を初めて見たのかな?興味津々だね
それにしてもキレイな子
神々しい🤩✨

野生とはかく美しきものかな。

触ってみたい(○´v`○)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう