【九州以外も】気象予報士さん「7日にかけ要注意!数年に一度レベルの降り方をするところも」

アバンギャルド河津🌧お天気キャスター さんのツイート

アバンギャルド河津⛅お天気キャスター@makotokawazu さんツイッター

降水量
大気から地表に落ちた水(氷を含む)の量。雨や雪を気象台の雨量計や、アメダスなどで観測し、計測する。通常、水に換算した体積を単位面積で除した値を mm で表す。

雨量計で観測する降水量とは、一定時間の間に雨量計に入った雨、雪、霰、雹などの体積の合計を指す。つまり、降った(物質としての「水」の)量が降水量である。降水量は0.5mm単位で計測され、10分間降水量、1時間降水量、日降水量などとして発表される。なお、1967年までは0.1mm単位で計測されていた。

降雨量と降雪量
雨の量だけの場合は雨量(降雨量)、雪の量だけの場合は降雪量などとも言う。寒冷地用の雨量計は、ヒーターで雪などを溶かして測定する。雪に関しては、降った量は降水量として雨量計で観測されるが、積もった量は積雪深として積雪計で観測される。これは、積雪は気温や地表の温度に左右され、また雪と雨では密度が異なるためである。

日降水量では、日付を区切りとし、0時01分から24時00分までの24時間の降水量を表す。日降水量では、深夜から未明にかけての集中豪雨など24時をまたぐ降水では2日間に分けられるため、雨の激しさをうまく表せないことがある。これを補うものとして任意の24時間で計算する24時間降水量がある。例えば、静岡では2004年6月30日に静岡地方気象台で観測史上最大の 368 mm の雨量を記録したが、これは日降水量に関する記録である。

確率降水量
過去の大雨のデータから統計学的に推定して算出した降水量。
ある現象が平均的に何年に1回起こるかを表した値を「再現期間」と言い、ある再現期間に1回起こると考えられる降水量を「確率降水量」と言う。

確率降水量は、学術研究、防災計画、河川計画などにおいて、大雨に関する地域特性を知るための基礎資料として利用されるが、平年値や極値・順位値など、普段発表されている実際の雨量を示す降水量とは質の異なる「統計値」であることに注意が必要である。また、確率降水量の「リスクマップ」は、稀にしか起こらない極端な大雨の強度や頻度を示したもので、災害の強度や頻度を直接示すものではない。

降水量 – wikipedia

ツイッターでの反応

ネット上のコメント

うちの辺雨量多くてやべー。
何時崩れてもおかしくない。

1日半で降る総量がわかる、
これでどれくらいこ備えが必要なのかイメージしやすい!

こわい。。。

千曲川、犀川の氾濫に警戒します。

(´・ω・`) ご安全に

予告があると心構えができそう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう