【w】日本の偉人、天才物理学者さんによる『人間の特性8箇条』が話題「8つめがヤバい(笑」

Cosine さんのツイート

(たかはし ひでとし、1915年1月15日 – 1985年6月30日)は、物理学者で、日本のコンピュータのパイオニアである。

父の高橋穣は心理学者・倫理学者で東北帝国大学教授や学習院大学教授を務めた。心理学者・元良勇次郎の孫。船舶工学者・元良誠三の従兄。

1937年に東京帝国大学(現・東京大学)理学部物理学科を卒業し、助手に就任。1942年に助教授に、1957年に教授に昇進した。

早くから電磁気学、特に回路論的思考を深く身につけ、分野にとらわれない自由な発想で数多の卓越した研究を行った。中でも1942年の「1次元系では相転移現象は起こらない」ことの簡潔明瞭な証明は周囲に深い感銘を与え、また、1944年にチタン酸バリウムが強誘電体であることを指摘して、その後の日本の強誘電体研究進展の口火を切ったことは著しい。その後、戦後にまで引き続いて、強誘電体、熱雑音などで大きな仕事をした。

その一方で、戦後、システム理論、制御理論などに関心をもつとともに、保守の大変な真空管を使わぬコンピュータ作成に思索を巡らせていた。1954年、門下の大学院生であった後藤英一がパラメトロンを発明するや、それを用いてのコンピュータ実現の準備を進め、1957年からは研究室をあげて製作に取り組み、1958年3月に、日本で初めて安定動作できるコンピュータのパラメトロン計算機第1号であるPC-1を完成した。それ以降、コンピュータのソフトウェアの研究にも力をそそぎ、和田英一など門下生からソフト、ハードの両面で多数の傑出した人材を生み出し、日本のコンピュータ発展の基礎を築いた。また、現場で役立つ「実数学」を標榜して、数値計算の分野でも、素数を法とした多倍長整数の計算法、FFT(高速フーリエ変換)、二重指数関数型数値積分公式などの研究成果を挙げた。

東京大学に大型計算機センター(1965年設置。現東京大学情報基盤センター)が設置された際には、初代所長に就任して計算機センターのあり方の基本の構築に力をつくした。1975年に東京大学を定年退官すると同時に慶應義塾大学に移り、物理学科の新設に力を注いだ。

1975年 – 紫綬褒章を受章。
1979年 – プログラミング・シンポジウム委員長に就任。
1980年 – 慶應義塾大学工学部客員教授に就任。
1980年 – 文化功労者に選ばれる。
1985年 – 死去。叙正四位、叙勲二等授旭日重光章。

高橋秀俊 – wikipedia

ツイッターでの反応

ネット上のコメント

対策「気を付ける」ヨシ!

8条やばい

第8条が、ポイント。それにしても懐かしい。私が約40年前に大学で数値計算について習った時の教科書にも、これらの警句が引用されていました。

良かった、全て当てはまる♥(´∀`*)

人間が論理的思考で常に行動するなら経済学が完璧に機能して、世界恐慌なんて起こる可能性がほとんどないはずな悲しみ

なまけものである(○´v`○)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう