【話題】中3男子、コロナの3か月間 夕食作りを担当してみたら‥すごい腕前にネット騒然

ピョンちゃん さんのツイート

山本ゆり(syunkon レンジは600W)@syunkon0507さんツイッター

人のために料理をするのは利他主義的だが、それだけではない。

料理をすることもそうだが、他の人のために行動することは利他主義のひとつの形だ。そして利他主義は、人を幸せに、そして他人とつながっている気持ちにさせる。

「他人のために料理をする行為には、自信をつけたり自尊心を持ったりするのに大きな効果があります」と、医療ソーシャルワーカーで料理セラピストのジュリー・オハナ氏は説明する。「そして、(誰かを)すごく良い気分にする何かを(自分で)できる、ということが、自信につながっているのです」

人のために料理をすることは、育てることであり、生命を維持することであり、生きていくのを助けることなのだ。

全文はリンク先へ
人のために料理をすることは自分を豊かにする – ハフポスト

ツイッターでの反応

ネット上のコメント

息子さん天才なのでは・・・

大変な3ヶ月でしたが、お子さんにとって得難い経験となりましたね。
私も山本ゆりさんのレシピに助けられまくりの人生なのですが、息子さんのお料理は本当に綺麗で美味しそうです(*´ω`*)

家族のためにごはんを作る息子さんも、それを応援するピョンさんも素敵です。

盛り付け、お皿選びのセンスまでよくて尊敬します。

息子さんすごい!素敵!
料理できる男はモテる!!

すごいなぁ(○´v`○)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう