【もやし】有名美人ダイエッターさん「20キロ痩せた時よく食べた」やみつきもやしのレシピを公開!

加藤ひなたさんのツイート


加藤ひなた@hinata_0421さんツイッター
ひなちゃんねる – youtubeチャンネル

日本では、平安時代の『本草和名』で「毛也之」、江戸時代の『和漢三才図会』にて薬効があるものとして紹介されており、食品というよりは薬として珍重されていた。1842年(天保13年)、富山藩ではモヤシ物は奢侈に導くものとして売りさばきが禁じられている。現在の食用を意識したモヤシ物は、1850年以降、長崎に漂着した異人が伝えた栽培方法が江戸に伝わり広まったものである[7]。

日露戦争では特に203高地の戦いにおいて、日本軍は大豆からモヤシを作る技術を知っていたので兵士のビタミンを供給でき、モヤシを知らなかったロシア軍は壊血病になって負けた、という俗説がある。第二次大戦中、光のない環境で容易に栽培でき、ビタミンが豊富なことから潜水艦内でも栽培された。
もやし<歴史 – wikipedia

ツイッターでの反応

ネット上のコメント

これはダイエッターさんの味方ですね🥺

うわ!もやしのしゃきしゃき感好きだから嬉し~!
何よりお財布に優しすぎる🥳
早速作るね💪💪

もやし!やってみようかなぁ♡ͯ

明日早速やってみますー!

簡単そう!私でも作れそう!!
やってみよっと🥰

おいしそう(○´v`○)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう