【笑】ねこねこパニック?!ワニの口からぴょこぴょこ顔を出す猫ちゃんが話題

もふもふ動画さんのツイート

ナムコ(後のバンダイナムコアミューズメント)のアーケードゲーム

1989年稼働開始。開発は後にバンダイナムコゲームスの代表取締役社長、バンダイナムコホールディングス代表取締役会長となる石川祝男による。試作機「ドキドキギャルゲーム」の失敗から焦る中でモグラ退治ゲームから連想して動物が正面から襲うゲームのアイデアを自宅のトイレで着想し、企画提出当初はモグラ退治と変わらないと一蹴されたものの5つの穴を空けた段ボールから棒の先端に付けた動物のスリッパを出し入れする試作機を用いて改めて提案したところ好評となり製品化に至った。ナムコがホープに製造を委託していた。

5匹並んだワニをハンマーで叩いて撃退するが、一定のラインまでワニが進むと噛まれたことになり減点したり、得点により難易度が変化するなどといった要素が追加されている。ゲーム後半はワニが「怒った」ことでスピードが上がるのも特徴。制限時間は50秒で、40匹以上叩くと10秒間延長される。叩いたことを示すセンサーはハンマー側ではなくワニ側に設けられているため、例えば素手で叩いても得点が得られる。その日のハイスコアは「本日のスゴウデ」として記録される。また、ワニ達にはプレイ状況に応じた台詞が用意されており、声は渡辺久美子が担当している。

ロングセラーとなり、続編や派生ゲームが出ているほか、児童向け玩具や携帯ゲームにアレンジした簡易版が多数発売されるなど、業務用に留まらず幅広く製品展開がなされた。
ワニワニパニック – wikipedia

このツイートへの反応

ネット上のコメント

kawaii!!

かわい😊💓

これは、楽しい‼

あ~やばば🌸

今日イチ癒やされた
萌え死んだわ…😇

やってみたい(○´v`○)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう