【素敵】熟練の靴職人さん、店をたたみ最後に息子の靴を1足制作。あまりの逸品にネット騒然

榎漣(エノレン)さんのツイート


靴職人だった親父が店を畳んで、最後に1足作ってくれた
渋いっすわあ……

自ら身につけた熟練した技術によって、手作業で物を作り出すことを職業とする人のことである。

「職人」は主に工業として物を作る人間を指すことが多く、陶磁器などでも芸術作品として作る者は一般に「陶芸家」などと呼ばれる。また、転じて熟練した技術を持つスポーツ選手の通称あるいは異名としても使われている。
職人 – wikipedia

ツイッターの反応

ネット上のコメント

シンプルに純粋にただひたすら、格好良いです♪
職人の最後の仕事、お見事です。

めっちゃくちゃ素敵…✨✨
おしゃれだ…

ステッチとかめっちゃかっこいいし革の光沢もステキだし、
何より最後の一足というのもまたシブい…

渋い。渋過ぎます。素敵なお父上様ですね。職人の誇りをかけてあしらえた最後の一足を愛息に託したその心意気もまた最高に渋いです。

色合いも風合いもエロスを感じて素敵です!
大事に履きたくなる一足ですね♪
素晴らしい職人魂を見せて戴き感謝です~☆

息子さんも素敵なのだ(○´v`○)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう