【お見舞い】心づかいが素敵な大家さんが話題。入居者に「家賃を減額してお振込みください」

さんのツイート


今朝ポストに入ってるのに気づいた大家さんからの通知
今の家一生住むか

日本では、江戸時代に冬至の日、銭湯に柚子を輪切りにして入れて沸かす柚子湯があった。ひび・あかぎれ・感冒などの予防のためという。京阪には柚子湯がなかった。江戸の町は、急激な町づくりが進み埃っぽい状態だったため、毎日風呂に入ることが、江戸の人々の楽しみであった。古来催し湯というのがある。新年の丁子湯、暑中の桃の湯などそれぞれ悪疫、災厄をはらう縁起の湯として、5月5日の菖蒲湯、冬至の柚子湯がある。ことわざにも「冬至に柚子湯に入ると風邪を引かぬ」と言われている。冬至の日において、柚子湯を用意する銭湯もある。

柚子湯の作り方としては、柚子の果実を5 – 6個輪切りにして、湯に浮かべる。皮膚が弱い人は、輪切りにした柚子の果実を熱湯で20 – 30分蒸らし、その後、布袋に入れて湯に浮かべるとよい。
柚子湯 – wikipedia

ツイッターでの反応

ネット上のコメント

二万でかい。

なかなか出来ない事です。
感動しました。

うちも大家さんの方から、
「今は払えるだけで良い。生活が大丈夫になってからで良いから、残りは分割にして家賃に足して振り込んで良い。」
と言われました。それだけで充分助かります。

大家さんも大変なのにすごいな…住みたくなりますね…

だれかに親切にされて、違う人に親切にしてあげようと思える、そんな思いやりの連鎖が当たり前にできる世の中を切に願う!

お見舞いっていうのがすてき(○´v`○)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう