【コロナ】NYのお医者さん達「僕らの為に家にいて!」検査過多が医療崩壊を招いた

高須克弥さんのツイート

ニューヨークの医者が「やたらと検査を求めるな」と言ってます。
医療崩壊の引き金だったと僕も思います。

Dr. Tom Frieden on Six Reasons New Yorkers with Mild Symptoms of COVID-19 Should Not Seek Care or Get Tested

全世代の皆様へ
新型コロナウイルス感染症に関する専門家有志の会

独立行政法人地域医療機能推進機構の尾身茂です。政府の新型コロナウイルス感染症対策本部の専門家会議(以下、専門家会議)の副座長を拝命しております。専門家会議では、新型コロナウイルス(以下、コロナ)の対策について、仲間たちと共に、医学的な見地から政府へ助言等を行っております。(略

初めに皆様にお伝えしなければならないのは、コロナと闘う専門家集団として、いまだに感染を制御しきれず、皆様の生活に不便を強いている、という忸怩たる思いです。

有志の会メンバーも必死です。コロナはやっかいな未知のウイルスですから、しばらく劣勢を強いられたことは、ここに白状せねばなりません。

日本がこれまで、諸外国に比べて感染拡大を緩やかに抑えてこられたのは、皆様のご協力があったからこそです。有志の会を代表して皆様に深く御礼を申し上げます。しかし、私たちが考える「行動変容」がさらに浸透すれば、感染拡大を収束に向かわせることができると信じています。

コロナと闘うための知恵を皆様に直接お伝えし、連帯を強めたい。そう考え、このウェブサイトを有志の会で開設するに至りました。

コロナとの闘いには必ず終わりがあります。まだ全く油断はできませんが、ヨーロッパでは感染のピークアウトの兆しも見えてきました。ワクチンや薬の開発も世界各地で進められています。有志の会はこの闘いの先には明るい未来があることを信じ、皆様と連帯していきたいと考えています。共に闘い、明るい未来を勝ち取りましょう。

専門家有志の会
尾身茂
https://note.stopcovid19.jp/n/n384496a8bc8d

ツイッターでの反応

ネット上のコメント

検査を拡大し、軽症者でも入院させるべきという風潮が心配です。
中、重症者の件数だけ見るならば、まだ少ないように感じます。

これを自称専門家、マスコミを含め理解できない方々が多いですね!

検査数の急増が昨今の東京の感染者数急増だと思います。

PCR検査はトリアージの第一歩。
医療崩壊させた国の共通はそれがわからなかった。

そう思います。陽性でも軽症なら生活は出来ますものね。常に自分が感染者かもの意識で生活していればいいのかな。医療従事者を危険に晒し医療崩壊だけは防ぎたい

経験に基づく発言ほど確かな情報はないと思うかな(○´v`○)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう