【私は母のたからもの】永遠に自分を守ってくれる、子供の頃の母のひとこと。わかりみが深いと話題

ふくれあがったおもちさんのツイート

5〜6歳の頃、今は亡き母に「おもちの宝物はね、虹色のビー玉。お母さんは?」と聞いたら「私の宝物はね、おもちちゃん」と返ってきた。あれから二十数年、何度人に裏切られ傷つけられ挫折し人間やめたろかと思っても「くたばってたまるか私は母の宝物だぞ」と思えるから愛ある言葉の効力は永遠。

玩具の一種。ガラス製の球で、主に遊戯用・観賞用に用いる。通常のサイズは1.5 – 5センチメートル程度。単色のものや、中に模様の入ったもの、大きい玉、小さい玉といろいろな種類がある。無色透明のものもある。
ビー玉 – wikipedia

このツイートへの反応

ネット上のコメント

なんか涙出ました。

今就活も婚活も抱えてて本当に挫けそうなんですけどこのツイ見て元気出ました!!弱音ばかり吐いていてはダメですね!何クソ精神と愛の言葉を大切に生きたいと思います。ありがとうございます😊

涙出ました。
私も子供達に愛ある言葉を伝えて行きたいな。と思いました。
素敵なお母様ですね!

愛の力はやっぱり最後に勝つものですね。とても素敵なお母様です…なんだか私まで心が救われた気分になりました。ありがとうございます。私もなるべくたくさんの人に、愛ある言葉を伝えていこうと思います🙌

言葉にして伝えるって大事だなーと宝物の寝顔を見て思いました。自分より何より大事に思ってること、ちゃんと伝えなきゃ。

ツイ主さまもすごく素敵だと思う(○´v`○)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう