【号泣】認知症で亡くなった父の部屋にノートがあった。さいご「メイワクカケナイ様にスル」「ワルカツタ」

バスマンさんのツイート

今日は実家の亡くなった親父の部屋で寝ます。

認知症だったんですけど、
たぶん母ちゃんに怒られながら、
記憶と闘ってる親父のノートを見つけてしまい、
さっき病院で親父の亡骸を見ても余裕だったのに、
今は涙が止まらない😭

認知症は何かの病気によって起こる症状や状態の総称です。老化によるもの忘れと認知症はちがいます。
誰でも年齢とともに、もの覚えがわるくなったり、人の名前が思い出せなくなったりします。こうした「もの忘れ」は脳の老化によるものです。しかし、認知症は「老化によるもの忘れ」とは違います。認知症は、何かの病気によって脳の神経細胞が壊れるために起こる症状や状態をいいます。そして認知症が進行すると、だんだんと理解する力や判断する力がなくなって、社会生活や日常生活に支障が出てくるようになります。
認知症について知っておきたい基礎知識 – 相談イーローゴ.ネット

このツイートへの反応

ネット上のコメント

私の母も認知症です。母にめちゃくちゃ当たってしまう自分がいます。母もつらいだろうと思うと、このノートに、涙が止まりません。

メイワクカケナイ様にスル
って……泣けてきちゃいますね……
お父様のお人柄が偲ばれます。
ご愁傷様です。

認知症はみんな不幸になってしまう…治療法が早く確率させてほしい

記憶力はなくなっていっても、
人柄は損なわれないのだと感じました。
素敵なお父様だと思います。

ノートの名前がコンティニュー。
お子さんに、命が紡がれていく。

泣きすぎてティッシュ1箱なくなった。認知症、はやく治療法ができますように。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう