【21世紀感】窓から青い空が見えてるようなLED照明、三菱電機「misola」がすごい!10月発売

小口貴宏 / EngadgetJPさんのツイート

三菱電機の「青空照明」実物を見てきました。言われなければ本物の空と区別不能。屋内の閉塞感を解消する新たな照明技術です。

三菱電機の「青空照明」実物を見てきた。本物の空と区別不能

三菱電機の青空照明「misola」(みそら)の実物を見てきました。空が青くなる現象を模したLED照明で、10月に発売予定。価格は定価68万円です。

イタリア企業Coeluxに続き商品化に成功
そもそも、空が青くなる仕組みはこうです。太陽光が大気中の微粒子に当たる際、より波長の短い光のほうが散乱しやすい性質があり、可視光のなかで波長の短い青色だけが散乱します。その際に空が青く見えます。この現象を「レイリー散乱」と呼び、「misola」はこれを人工的に再現しています。

この「レイリー散乱」を用いた青空照明は、イタリアのスタートアップ「Coelux」(コールクス)が商品化で先行しており、日本でも代理店を通じて販売しています。三菱電機の「misola」はそれに続く製品です。

いざ「misola」の実物を見てみると、その青空感に圧倒されます。正直、言われなければ本物の青空と区別がつきません。

全文はリンク先へ
[enfadget 2020.2.27]
https://japanese.engadget.com/jp-2020-02-26-misola.html

ツイッターでの反応

ネット上のコメント

え、これほんもののそらじゃないんですか?

スゲェ
人工的にレイリー散乱を起こしているのか!

いいなこれ。
いつも紫外線やら眩しさでカーテン閉めっきりやから、わたしにはぴったりかも。

これ自分の部屋に欲しい。
というか、病室に欲しい。高齢の患者さんとかめちゃ良い効果ありそう。精神科にも必要でしょこれ。

これなら引き籠もってる人も元気になれそう

すごいなぁ、かっこいい!欲しい(○´v`○)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう