【感激】ティッシュも洗濯し大惨事←ティッシュだけ簡単に取り除く画期的裏ワザ!救世主は柔軟剤だった!

雪乃さんのツイート

ティッシュまみれの惨劇に見舞われた洗濯物は『柔軟剤のみ、すすぎ1回、脱水1回の設定で洗い直すと綺麗になる』という事を知っていま凄絶に感動してるし、最早ティッシュなど私の敵では無いぞ!恐るるに足らず!さあ!いくらでも放り込むがいい!ってちょっと調子乗ってる。ありがとう柔軟剤…救世主…

日本では1962年に花王から発売された花王ソフターが最初の柔軟剤である。その後、他社からも柔軟剤が発売され、1966年にはライオン油脂がライオンソフターを発売開始している。その頃の柔軟剤は、軟らかく仕上げる効果や帯電防止を謳った製品が多かった。また色も水色のものばかりであった。花王ソフターに倣い、「ソフター」を商品名とするメーカーが多く、これは現在でも多く使われている。

1976年10月にライオン油脂がソフランSを発売しているが、色をピンクにしたり、植物性の香りをつけるなどしている。これを境にして、柔軟剤に変化が現れてくる。

1988年にライオンからソフト&ドライ、花王からはタッチが発売されているが、成分の一部を変えるなどにより、水分を良く吸い取ることを強調したものとなっている。この頃から徐々に3倍濃度を濃くした濃縮型柔軟剤が主力になってきている。 それに併せて、詰替用の製品も発売されるようになってきている。

近年発売される柔軟剤は、透明タイプや、抗菌効果、防臭効果を強調した製品が多くなってきている。防臭効果を強調する製品は、花の香りを附した、と謳うものが多い。また陽イオン界面活性剤自体も生分解性のよいエステル型ジアルキルアンモニウム塩が配合されるようになった。
柔軟剤<日本での歴史 – wikipedia

ツイッターでの反応

ネット上のコメント

三日前の私に教えてあげたかった…‼️

子供の時よくやったな😏

え~っ!!ティッシュは、よくやる〰️!これスゴいっ!!!今度、そうするーーっ!!!🙄あっ!柔軟剤、、ふだん、使ってないや🥺🤩

素敵な情報ありがとう

素晴らしい情報をありがとうございます!!心から感謝です!

洗濯機のふた開けてティッシュがあった時の絶望感はすごい・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう