【感動的】1000年以上前から日本で使用されてきた釘や糊を必要としない接合技術いろいろ動画

みんなの動画さんのツイート

1000年以上前から日本で使用されてきた釘や糊を必要としない接合技術

接合法とは、いくつかの物をつなぎ合わせ一体化させる技術のこと。
ほぞ・仕口:木材の接合部をノミや鋸で刻み凹(ほぞ)凸(仕口)の噛み合わせを作って嵌め合わせる事で一体化させるもの。
接合法 木材の場合 – wikipedia

(みやだいく)以前は渡り大工とも呼ばれ、何年も家を離れ社寺のある地に居住して、材料や技法を検討しながら仕事を進めていた。技術や技法は徒弟制度で師匠から弟子へ口伝で継承されることが多かったが、現代では株式会社に雇用され、研修と実地教育を併用することで後継者の断絶を防ごうとしている。かつては日本全国に数百人いると言われたが、2017年時点では宮大工の継承者は100人程度と推定されている。新しい建材やコンピューター、機械に依存せず、修復対象で再利用できる古材を生かす、曲尺を活用する規矩術を習得する、他の大工が殆ど使わなくなった槍鉋を用いる、といった独自の技法や世界観を継承している。国宝・重要文化財級の建築物修復を任せられるのは、瀧川寺社建築(奈良県桜井市)など全国に5社程度という。
宮大工 – wikipedia

このツイートへの反応

ネット上のコメント

すごい!
ただ感動!

子供の頃、大工さんに張り付いて
木を加工するのを見てた
凄すぎる
大工さん、どこの子やねん…って思ってたやろうなw

金剛組だね~。素晴らしい遺産です。

先達の知恵と工夫は素晴らしいな

THIS IS JAPAN

かっこいいなぁ(○´v`○)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう